13/11/23 男鹿高原から鬼怒川温泉

11/23(土)晴 男鹿高原-川治温泉-鬼怒川温泉 40km ルート図

所用で鬼怒川温泉に行った。昼から夕方まで単独行動となるが、時間と距離からあれこれと考えて、鬼怒川温泉駅から東武線~野岩鉄道で栃木県・福島県の県境手前の男鹿高原駅(おじかこうげん)まで輪行して、ここから鬼怒川温泉へ戻るルートである。
2013_1123_135727aa_s
2013_1123_135744aa_s
2013_1123_135802aa_s


男鹿高原駅は秘境駅と呼ばれる。下車したのは私一人で、列車はすぐにトンネルに消えていった。ホームから階段を上がって自転車を準備する。細い道があるだけで写真の奥側は行き止まりとなっている。
時刻は14時過ぎ、日没が早い時期なので早々に出発することとする。駅の近くには鉄道の変電所とヘリポートだけがあるがだけだ。
2013_1123_140313aa_s
2013_1123_140557aa_s
駅から500mほど下ると国道に出る。R121,R352,R400の重複国道で、前後に観光地は多いルートだが、さほど交通量は多くない。上三依、中三依といくつか集落を過ぎつつ、緩やかな下り道を行く。
2013_1123_141404aa_s
2013_1123_142556aa_s
2013_1123_143252aa_s
やがて大きなダム湖の五十里湖に出る。陽は徐々に山に隠れつつなり寒くなってきた。湖を橋で渡るバイパスの新しい道で湯西川温泉駅から五十里ダムへ。
2013_1123_145128aa_s
2013_1123_145934aa_s
ダムからは急坂を下り川治温泉へ。ちらほらと浴衣姿の観光客も街を散策している。いい感じの温泉街だ。
2013_1123_153010aa_s
2013_1123_153630aa_s
川治温泉からは少しアップダウンがあるが、龍王峡、鬼怒川温泉に近づきだんだんと賑やかになってくる。龍王峡は見学する時間がなく入り口の紅葉だけを眺めた。最後は鬼怒川温泉街を抜けて、日没後の鬼怒川温泉駅に到着した。
2013_1123_155940aa_s
2013_1123_162518aa_s
2013_1123_165126aa_s

関連記事:

呼人 について

サイクリングで全国へ

カテゴリー: サイクリング パーマリンク