BD-1折りたたみ時の前輪脱落防止

いつの頃かは忘れてしまったが、輪行時にBD-1の前輪の支えがはずれることが多くなってきました。
BD-1の前輪は、フロントフォークの内側に付けられたネジでタイヤを押さえて固定するようになっています。
これまではネジの位置をきつめに調整してなんとかはずれないようにしていたが、今回タイヤをシュワルベ・マラソンからシュワルベ・マラソンレーサーに替えたところ症状がさらにひどくなりました。
2007_0625_214135aa_s
前輪をとめるネジ
2007_0625_214702aa_s
現)折りたたみ時の組み合い状態
これはいけないと雨の日曜の午後。玄関で検証をしました。



で、発見したこと。
折りたたみの時には前輪のクイックシャフトの左側のナット部が、後輪のクイックシャフトとリア・ディレーラーの間に入り込むようになっています。前輪のクイックシャフトは折りたたみ時・展開時に下写真の矢印に移動します。
2007_0625_214754aa_s
現)前輪シャフト位置関係
と、いうことは後輪のクイックシャフトのレバー位置を調整すれば前輪の脱落を防止できる。と気がついた。
さっそく位置を変更し、折りたたみ時んでフレームを持ち上げて上下に振ってみても前輪は落下しなくなった。
2007_0625_214742aa_s
改)前輪シャフト位置関係
2007_0625_214725aa_s
改)折りたたみ時の組合状態
解決策は、後輪のクイックシャフトのレバー位置を気をつければ良いのだが、嬉しいことにちょうどいい場所にタップが開いている。これはキャリアの取り付け用かな?左側の場合はスタンド取り付け用に使われていますが。
そこにボルトを付け、クイックシャフトのレバー位置を決める歯止めとした。
2007_0625_214907aa_s_1

2007_0625_214931aa_s
クイックシャフト位置の歯止め

振り返って思えば、後輪のクイックシャフトのレバー位置をフレームの角度に合わせるようにしていたのが間違いの元でした。折りたたみの様子を良く眺めていれば気がついていたのだと反省を少し。
でも、このことに気がつかなければ、改良の妄想が膨らみ、今週末にはフロントフォークのネジを使って、あれやこれやといろんな部品をくっつけていたと思うので、今はほっとしています。(^^)
(と言いつつそのネジを使って昨日の作業でライトを付けましたが、それはまた後で報告します)

広告

シェアする

コメント

  1. […] BD-1輪行での移動は輪行コロで転がしているため、路面からの細かな衝撃で前輪の固定が外れて落下することがよくあります。 2年前に一度解決したのですが→「BD-1折りたたみ時の前輪脱落防止(2007/06/25)」、その後、リアディレイラーをシャドーディレイラーに交換したことで、各部の位置関係が変わってしまい、この方法が使えなくなっていました→「RD-M772 シャドーリアディレイラー(2007/11/03)」。 最近のモデルでは左右2本のボルトで固定されますが、うちのは2001年モデルなので前輪の固定ボルトも右側1本のみで外れやすく、さらに最近タイヤをシュワルベニューマラソンに変えたところ、固定ボルトの調整をしてもなかなか解決しませんでした。 この問題を解決すべく、試作1号、2号を経て、実用化したのがトップの写真です。 […]