05/08/20 道北ツーリング8日目

8/20(土)雨時々曇り 74km
旭川-東川-美瑛-旭川空港 
 最終日。特に予定はたてておらず、「美瑛の方へ行こうか」ぐらいにしか考えていなかった。天気は予報どおり雨。空は暗く、小雨が降っている。7時半過ぎにゆっくり起きて、8時から朝食。9時15分に出発する。
 今日は昨日の反省より、最初からゴアテックス上下を着て、靴カバーをかけ、防水グローブもはめた。まずは、道の駅あさひかわと、東川町の道の駅ひがしかわ「道草館」をめざす。道の駅あさひかわは、市の公共施設に併設した「ついで」のような感じ。道の駅ひがしかわは、できたてのようにきれいだった。こちらは「地域産業振興館」のような感じだった。

 旭川市内は活気があり、寂れた様子もなく、市街がずっと続く。東川町が近づいて、道の両側には田んぼが広がり始めた。「ゆでとうきびあります」とか「無人野菜販売所」などの看板やのぼりもめだつ。豊かな田園地帯の風景は、道北のそれとは全く違う。道北には農作物は育たないから、かような看板などあるはずもないのだ。ちなみに、北海道の稲は、内地のものに比べて丈が低いように感じた。早々に育たなくては寒くなってしまうからだろうか。それとも私の気のせい?

 田園風景の広がりとともに、霧もかかり始める。雨でもわーんとしていた景色は、いよいよもってぼんやりと視界がきかなくなる。東川町の市街を過ぎ、忠別川志比内橋を渡ると東神楽町(旭川空港のある町)に入る。峠を越えると美瑛町だ。昨日と同様、峠にさしかかると雨が強くなり、北美瑛駅まで降り続いたが、今日は雨に対する防備が完璧だったので、体は全く濡れない。北美瑛駅を過ぎると小降りになり、やがてやんだ。

 美瑛駅前では、JA美瑛のお祭りが行われていた。駅前広場には舞台が設置され、どこかの歌手が昭和のナツメロを歌っていた。(途中から、オホーツク海のカニ早食い競争に、催し物が変わった) 農協主催ということで、美瑛豚の焼肉や生乳、豚汁、おにぎりがただで振舞われるという太っ腹ぶり。さらに、アンケートに答えるたら、カルビーのスナック菓子がもらえた。結局、コロッケ2つに100円を払っただけで、昼食が終わってしまった。農作物の直売(かぼちゃとかじゃがいも)も行われており、値段もかなり安かった。宅急便で送ってもいいから、男爵芋M箱1000円、買っておけばよかったと後悔。JA美瑛にはいろいろおいしい思いをさせていただいたので、ネットで何か注文しようと思う。

 美瑛に来るのは何度目かわからない。何度も来ている。レンタサイクルであちこち、結構走っている。一昨年も、美瑛駅から美馬牛駅へ南下している。というわけで、今回は走ったことのない、西方面の丘へ行くことにした。

 西の丘の観光スポットは、「マイルドセブンの丘」、「親子の木」、「セブンスターの木」、「ケンメリの木」などだ。走っていて、昨日までと雰囲気が違うことに気づく。「札幌わ」ナンバーの車がとても多いのだ。「函館わ」とか「旭川わ」も多い。車がいないのが普通だった道北ばかり走っていた身としては、自動車がバンバン走っているのは異様に感じるし、とても怖い。こんなこといっていたら、自宅の周りなど、二度と走れなくなってしまうのだけれど……

 それなりに楽しんだ美瑛の丘だけれど、やはり天気が悪いのは致命的。また、観光客が右往左往しているのにもなんだか疲れてしまったので、早々に旭川空港へ向かうことにする。美瑛から旭川空港までは10キロ弱。とても近い。というわけで、16時半過ぎには空港に到着してしまった。飛行機は19時10分発なので、相当時間がある。ゆっくりと自転車をたたみ、荷物をまとめ、チェックイン。空港レストランで飛行機をながめながら、のんびりと旭川ラーメンを食べた。空港ということで値段は高めだったけれど、おいしいラーメンだった。

 ラーメンを食べ終わった後は、売店でチーズと札幌CLASSIC(北海道限定ビール)500ml缶を買って、待合室で飲んだ。楽しい8日間だったなあ、でも、もう帰らなきゃ、会社に行かなきゃ、と思いつつ……。
こうして振り返ってみると、8日連続ツーリングというのは、かなーり長い気がした。走行距離はトータル570キロ。でも、数日間だけのツーリングに比べると、満足感がはるかに大きいのであった。

 飛行機は予定よりも20分遅れて到着し、20分遅れて出発した。そして無事に羽田に到着。また来年も北海道へ行こう、今度は日高方面とか根室方面なんていいんじゃないかなーなどと思いながら、家路を急ぐ私たちだった。

---------------------
 北海道から帰ってきて一ヶ月。朝晩涼しくなり、ちょうど北海道にいたころの気候に似てきてました。
天気もいろいろ、風もいろいろ、食べ物もいろいろ、宿もいろいろ、道もいろいろ・・・と
とても多くの体験ができ、これまででナンバー1のツーリングでした。
 実際に走ったのは8日間でしたが、計画を始めてからまとめが終わった今日まではほぼ半年。ここで一息つきましたが、またすぐ次の計画を始めることとなるのかな。
’05道北ツーリングはこれにて終わります。

広告

シェアする

コメント

  1. きみお より:

    道北ツーリングのレポート楽しませていただきました。
    初日から最終日まで何かしら見覚えのある光景が登場して懐かしく感じました。
    道北はほんとうに良いところですよね。
    特に利尻・礼文島は、また訪れ長く滞在したいと思っています。
    ツーリングレポートを拝見して一番印象に残ったのは、利尻サイクリングロードのウミネコ。
    ほんとうに驚くほどたくさんのウミネコにびっくりです。

  2. 茅沼 呼人 より:

    こんばんは。今日のきみおさんの写真も拝見しましたが、本当にすごかったですね。
    一羽のウミネコが頭のちょっと上に近づいてきて「ギャーギャー」と鳴かれました。そして、そのまましばらく追いかけられてしまいました。
    でも悪いのはこちらのほうだなと感じずにはいられなかったですが。